1. エン転職TOP
  2. 転職 公務員、団体職員、その他
  3. 転職 団体・NPO・学校法人職員
  4. 転職 NPO・NGO職員
  5. 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの転職・求人情報
  6. 広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)の転職・求人情報

「特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン/広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、NPO・NGO職員の転職・求人情報が満載です!

広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
プロ取材
東京事業所のコミュニケーション部で働く、広報の町さん・チャンウさんに取材しました。実際に現地で取材を行ない、生の声を届けることを大切にする仕事。社会課題と本気で向き合いたい方にピッタリの環境です。
エン転職 取材担当者
中林
取材担当者-中林
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンNEW
掲載期間22/09/2222/10/19

広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)

契約社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問完全週休2日
広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)イメージ1
サバクトビバッタは、ケニアの作物を食べ尽くし、飢餓をもたらしました。そこで私たちは、牧草地や農地を再建へ向け、物資を支援しました。
ケニアでは、無数の村がバッタに滅ぼされかけた。
大量発生したバッタは農作物を食い荒らし、ケニアの産業を破壊しました。他にも、モザンビークでは、子どもたちが武装組織に誘拐され、少年兵として危険な戦地に。ウクライナでは、戦禍で飼い主を失った犬や猫が、飢えで息絶えようとしています。

――日本ではまだ課題意識を持たれていない、海外の社会課題。ファンドレイザーは、現地に赴いて生の声を聞き、「支援をしたい」と思わせる情報を発信します。

東ティモールでは、サイクロンによる洪水でインフラが壊滅し、不衛生な環境に。トンガでは、大規模な噴火により通信環境が途絶え、世界から孤立しました。

――これらはかつて起こった災害。ファンドレイザーは当日中に動き出し、ニュースが流れる前に緊急で情報発信。日本国内で第一報を流し、迅速な支援をしました。

ピースウィンズ・ジャパンでは、既に話題になっている社会課題はもちろん、緊急性の高い課題やまだ多くの方が注目していない課題に、いち早く取り組みます。この地球のどこかで、支援を待つ誰かのために。あなたの言葉と行動が、世界を変えます。

募集要項

仕事内容
広報ファンドレイザー(海外人道支援・災害支援担当のマネージャー候補)
<まだ知られていない課題を、見つけてください>
お任せするのは、海外人道支援・災害支援に関わる広報ファンドレイジング業務。活動への参加者を増やしたり、社会課題を解決するための寄付を促進したりして、当法人の活動を支えてください。いまだ問題になっていない課題を取り上げ、世間の関心を高めることも大切な仕事です。

<世界では、多くの人たちが助けを求めています>
「海外人道支援」では、災害や戦禍、難民危機などの社会課題に対して、復興を後押しするための支援を実施。「災害支援」では、災害時にいち早く必須の物資を配布したり、次の災害に備えるための支援をしたりしています。目先の支援だけをゴールにしない活動方針が、特徴です。

<活動を支える、一番大切な仕事をお任せします>
一般的な資金調達業務や広報業務まで、幅広く担当してください。また、充実した支援のためには、活動に参加してくださるマンスリーサポーターの活躍が不可欠。その参加を促進します。緊急の課題への寄付の促進やクラウドファンディング等の企画・実施・分析も大切な業務です。

※日々の業務を担当するだけでなく、マネージャー候補として将来は管理業務もお任せします。
※マネージャー昇格後は、大体3名程度のスタッフを管理していただく予定です。

<自分の目と耳で確かめた、生の情報を届けます>
大切なのは、実際に現地に足を運び、普通のメディアでは触れられない深い情報を取材すること。そうした情報をショッキングに伝えることで、多くの方の課題意識を喚起します。特に、これまであまり注目されてこなかった社会課題を広めていただくことを期待しています。
応募資格 <学歴不問/未経験歓迎>
■ファンドレイジング業務、マーケティング業務、お金まわりに関わる業務経験のいずれかをお持ちの方
⇒広報やファンドレイザーとしての職種経験やNGO団体での業界経験は必須ではありません。

★「積極的に新しいこと始められる」といった挑戦心がある方や「経験を活かして組織を引っ張っていきたい」といった向上心のある方を歓迎いたします。
募集背景 ピースウィンズ・ジャパンは、「支援のプロを世界の現場へ」というコンセプトのもと1996年に設立した日本発祥の国際協力NGOです。36の国と地域で25年にわたって活動してきました。紛争や貧困などにさらされた人々を支援する海外事業、いち早く被災地にかけつける災害支援事業、ペットと人間の共生を目指す保護犬事業などを中核に、あらゆる社会問題に取り組んでいます。

その中で広報ファンドレイザーは、支援者や寄付を増やすための大切な役割。世界中で困っている多くの方々のために、これまでの経験を活かしてくださる方をお迎えしたいと思っています。
雇用形態 契約職員(契約社員)

※3ヶ月間の試用期間があります。その間の雇用形態や待遇に差異はありません。
※当初の職員契約期間は1年間ですが、双方の合意により1年ごとに更新が可能で、5年後には無期雇用契約に移行することができます。
勤務地・交通
東京事業所/東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2F

◎国内外への出張があります。
広報ファンドレイザーとして大切なのは、生の声に耳を傾けること。そのため、実際に海外などに足を運ぶことも多くあります。ぜひ多くの人の話を聞いて、効果的な情報発信を行なってください。
交通
小田急小田原線「代々木八幡駅」より徒歩7分
東京メトロ千代田線「代々木公園駅」より徒歩7分
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
※申請、承認を得ることにより、8:00~10:00に勤務開始時間を変更することができます。
給与 月給35万円以上

※スキルや経験に応じて決定します。
※月45時間分の固定残業代(9万2000円/超過分別途支給)を含みます。
年収例
420万円(入職1年)
450万円(入職3年)
600万円(入職5年)
休日休暇 ■完全週休2日制(土曜・日曜休み)
■祝日
■夏季休暇(3日)
■年末年始休暇(4日)
■産前産後休暇(取得・復帰実績あり)
■育児休暇(取得・復帰実績あり)
■有給休暇
■慶弔休暇
■傷病休暇

※5日以上の連休取得が可能です。
福利厚生・待遇 ■昇給(年1回/契約月、入職3年目以降は2月)
■交通費(月5万円まで)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当(超過分)
■出張手当
■職能手当
■扶養手当(子1人につき:月2万円)
■退職金あり
■オフィス内禁煙
■服装自由(私服可)
ピースウィンズ・ジャパンの事業 ピースウィンズ・ジャパンのスタートは1996年のイラク。それから25年、36の国と地域で活動し、1900万人以上に支援を届けてきました。一刻も早く支援を届けるため、国や自治体からの要請ではなく自分たちで出動を判断します。たとえ地球の裏側で災害や紛争が起きても、現場ごとのニーズを独自に収集して中長期的に支援をすることが特徴です。

さらに、ペットと人間の共生をめざした犬の保護・譲渡事業『ピースワンコ・ジャパン』、地域振興のためのふるさと納税プロジェクトなども実施。2020年以降は感染症への対応にも注力しています。すべてが “社会問題の解決” という共通項を持ち、これからも活動は広がっていきます。
入職後の流れ&配属部署 ▼入職後の流れ
入職後は、まず1~2週間の新人研修を行ないます。ここで団体としての考え方や各種のルール、各事業の内容について学んでください。それから少しずつ実務を通して、仕事を覚えていただくイメージです。その他、希望に応じて法人内外の研修を受講することも可能です。

▼配属部署
コミュニケーション部への配属となります。韓国出身で広報ファンドレイジング業務未経験から始めたチャンウを中心に元システムエンジニアの町などが活躍中。また、弁護士事務所やコンサルタント、TikToker、カメラの撮影スタッフなど、様々な前職のメンバーも在籍しています。
転職・求人情報イメージ1
こちらはフェアトレード事業を行なう東ティモールでの現地取材の様子。実際に現地まで足を運び、生の情報に耳を傾けることを大切にしています。
転職・求人情報イメージ2
メディアとの取材対応も、大切な業務の一つ。当法人の考え方や理念、目指すところなどを伝え、共感していただける方を増やしていきましょう。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck!
取材から受けた会社の印象

「代表の大西は、きっとこの国の歴史に名を残す人だと思う。自分はそのサポートをしたいんです。もし可能なら、自分も名前が残るといいな(笑)」…これは、取材でお話を伺ったチャンウさんのお言葉。なんでもチャンウさんは韓国出身で、大学で国際振興の授業をしていた大西さんに口説かれて入職したのだそう。2011年2月に来日し、その翌月に発生した東日本大震災の時も奔走されていたのだと言います。

そんなチャンウさんが惚れ込んだのは、バイタリティに溢れ本気で社会課題と向き合う大西さんの考え方と、様々な社会課題にいち早く取り組むピースウィンズ・ジャパンという組織の魅力。同法人にはチャンウさんと同じ考えを持っている方も多く、そうした方々と一体になって事業に取り組むことへの充実感があるとのことでした。

このように、同じ目的意識を持って、社会課題の解決に取り組む同法人。入職される方も、強い使命感のもと活躍できそうです。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■支援をする方々と、直接関わることができます。
同法人の広報ファンドレイザーの特徴は、実際に現地に足を運び、深いお話をヒアリングするところ。そのため、自分の仕事の結果として支援が届き、喜んでもらえたといった話を聞くと、どこか誇らしい気持ちになれるとのことでした。子ども、被災者、難民…一人ひとりのエピソードを知り、その人たちの力になりたいと本気で思いながら取り組んだ仕事だからこそ、貢献の実感も大きいはずです。

■挑戦を後押ししてくれる風土があります。
同法人では、一人ひとりのチャレンジ精神をとても大切にしているのだとか。そのため、「こういった社会課題を取り上げてみたい」「クラウドファンディングのためにこんな企画をしてみたい」といったアイデアも形にしやすい環境です。成果は求められるものの、一つひとつの企画や施策への裁量も大きく、自分の活躍を強く感じやすい職場と言えそうです。
厳しさ■指示待ちでは、活躍できません。
同法人の特徴は、予算や裁量の面でのサポートはあるものの、自分で動かなければいっさい活躍できないところ。例えば広報ファンドレイザーの業務で言えば、現場に足を運ばない仕事ばかりしていても評価されません。また、やるべきことについて指示があるわけではなく、自分で頭を悩ませ、その時々の解決すべき課題と向き合うことも求められます。こういった点を理解できていないと、入職後のギャップに繋がってしまいます。
この仕事の向き&不向き
向いている人■周囲を引っ張っていける方。
今回はマネージャー候補としての採用であり、組織を10年・20年と率いるような活躍が期待されています。そのため、「周りを巻き込んで仕事を進められる」「リーダーシップを発揮できる」といった方に向いています。
向いていない人■言われ仕事しかできない方。
同法人の広報ファンドレイザーに求められるのは、自分から動き、課題を探し、それを発信する姿勢です。「自分で考えて行動することができない」という方には向いていません。

会社概要特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

設立 1996年2月(法人化 1999年10月)
代表者 代表理事 大西 健丞
資本金 特定非営利活動法人のため、資本金はありません。
従業員数 453名(2022年1月現在)
売上高 45億902万円(2022年1月期実績)
48億3381万円(2021年1月期実績)
46億890万円(2020年1月期実績)
※国際機関や政府からの助成金・補助金、企業・個人からの寄付金 など
事業内容 ■国外支援(インフラ整備、物資配布、教育支援、住居修復支援 など)
■国内支援(災害支援、観光・まちづくり支援、保護された犬の保護・譲渡、被災犬猫支援、災害救助犬・セラピードッグの育成・派遣 など)
事業所 広島本部/広島県神石郡神石高原町近田1161-2 2F
東京事業所/東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2F
佐賀事務所/佐賀県佐賀市松原1-3-5 まるなかビル6F
ピースワンコ・ジャパン/広島県神石郡神石高原町上豊松72-8
海外事業所 イラク/アルビル、ドホーク
ケニア/ナイロビ、ダダーブ、カクマ
南スーダン/ジュバ、ナイロビ(ケニア)
ウガンダ/ユンベ 、カンパラ
スリランカ/トリンコマレ
ミャンマー/ヤンゴン、パ・アン
東ティモール/ディリ、レテフォホ
ネパール/カトマンズ
ハイチ/ポルトープランス
バングラディシュ/コックスバザール
モルドバ/キシナウ
ウクライナ/キーウ
ミッション・ビジョン [ミッション]
1.紛争や自然災害などにより、生命が脅かされている人びとに対し、迅速に緊急人道支援を行います。
2.社会的基盤の崩壊などにより、困窮している人びとに対し、自立のための復興・開発支援を行います。
3.支援地での活動を通じ、紛争の予防および解決に取り組みます。
4.支援の必要性に対する情報を発信し、市民の関心を喚起します。
5.援助システムをより効果的にするための提言を行い、その改善に取り組みます。

[ビジョン]
人びとが紛争や貧困などの脅威にさらされることなく、希望に満ち、尊厳を持って生きる世界をめざします。
企業ホームページ https://peace-winds.org
採用ホームページ 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン わたしたちと一緒に働きませんか?
https://en-gage.net/pwjrecruit

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
1次面接(東京事務所またはWebで実施します)
STEP3
2次面接(広島県神石高原町にある本部で実施します)
STEP4
内定
<選考スケジュールについて>
応募から内定までは最短で1ヶ月前後を予定しています。 入職のタイミングはご相談の上で決定しましょう。在職中の方や、転居が必要な方なども、気兼ねなくご相談ください。

<面接地について>
1次面接はWeb面接も可能ですので、ご相談ください。なお、2次面接は東京事務所で実施する場合もあります。

<個別面談も実施しています>
ご連絡いただければ、団体や仕事について個別にお話しする面談を実施します。「応募するか迷っている」「もっと詳しい話を聞きたい」という場合は、下記の連絡先までご連絡ください。
応募受付方法 『エン転職』の当ページからエントリーしてください。追ってこちらからご連絡いたします。
面接地 [一次面接] 東京事業所/東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2F
[二次面接] 広島本部/広島県神石郡神石高原町近田1161-2 2F
連絡先 広島本部/〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田1161-2 2F
担当採用担当 ※お急ぎの場合を除きメールでのご連絡をお願いいたします。
TEL0847-89-0885
E-MAILjob@peace-winds.org
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、中林の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。