1. エン転職TOP
  2. 転職ノウハウ
  3. わたしの転職体験記
  4. コロナ禍の転職。”オンライン完結”の選考フローでも、あえて”対面面接”を選んだワケ。
2022/5/12

コロナ禍の転職。”オンライン完結”の選考フローでも、あえて”対面面接”を選んだワケ。

岸本 奈緒さんの転職体験記
前職大手生命保険会社の営業アシスタント
現職損害保険の一般事務
岸本 奈緒(33歳)
Nao Kishimoto
  • 応募社数15
  • 面接社数3
  • 転職までにかかった期間3ヵ月
この体験記のポイント
  • これまでに3度の転職を経験。さまざまな理由で、やむを得ず転職することに。
  • 3度目の転職活動は、まさかのコロナ禍。オンライン中心での転職活動には、入社後のギャップが発生する不安があった。
  • そこであえて対面面接を希望。会社の雰囲気など、リアルな情報収集に努めた結果、自分に合った環境を見つけることができた。

新卒で入社した会社から、3度の転職。さまざまな理由で、やむを得ず転職することに。

実は私、これまでに3度の転職を経験しているんです。

まず新卒で入社したのは保険会社でした。当時はいわゆる“就職氷河期”だった影響もあり、当初志望していた事務職をあきらめて、不安ながらも営業職にチャレンジすることに。しかし、営業スタイルが自分自身に合わない部分もあり、初めての転職を決意しました。

2社目は業界も変え、前職と比べると組織の規模も小さい中小企業で、元々やりたかった事務職として再スタートを切ることにしました。周りの社員を支える存在として、事務の仕事にはとてもやりがいを感じていたのですが…。結婚・引越を機に、3年余りで退職。次はもう一度保険業界に戻り、かつ大手企業を選ぶことにしました。

そうして3社目になったのが、大手生命保険会社での営業アシスタントの仕事。主に営業職の方のサポートとして、問い合わせの対応や保険の契約に伴う書類点検などを中心に行なっていました。3社目も業務自体にはやりがいを感じていたのですが、ネックになったのが残業の部分。繁忙期には1日3時間ほどの残業が発生することもあって、毎日夫よりも遅く帰宅するのが当たり前でした。徐々に疲労も蓄積し、休みの日に疲れが残ってしまうことも。ただ、そうは感じながらも、4年ほどは仕事を続けました。しかしある時、夫が会社から転勤を打診されることに。そこで私も、“3度目”の転職をすることになりました。

コロナ禍”の転職活動。不安があったのは、選考が”オンライン”で完結してしまうこと。

3度目の転職活動は、過去の2回と比べてもうまくいかないことが多かったです。まず時期がコロナ禍の”緊急事態宣言下”ということもあり、企業説明会や転職イベントなどは軒並み中止。基本的にネットで情報収集するしかない状況でした。採用活動をストップする企業も多く、掲載されている求人数も過去に比べて少なかった気がします。そんな状況だったため、転職活動では複数の大手転職サイトを併用。目に留まる求人がないかをこまめにウォッチしていました。

当初は「心機一転、慣れ親しんだ“保険業界”以外の仕事に挑戦しよう!」と考えていたのですが、自分の経験とスキルを活かすことができる保険業界も選択肢に入れることにしました。

また、それとは別にとある心境の変化もあって。書類選考を通過した企業は、できるだけ“対面”での面接をお願いするようにしていました。きっかけは、なかなか選考がうまく進まないことから、「もし面接に繋がった企業には、感染症対策などを行ないつつ、対面の面接が可能であれば、少しでも自分の志望度をアピールしたい」と思ったことでした。

あと、コロナ禍で転職活動を進めるにあたって、“オンライン完結”で選考が進み、会社のことがわからないまま次の職場が決まってしまうことにも、若干不安があったんだと思います。会社ホームページや求人広告、クチコミといったネットの情報だけで会社を選ぶのはリスクもあるので、社風や一緒に働く人の雰囲気を知るため、感染症対策をした上でなるべく直接お会いできるようお願いしました。

あえて”対面面接”を希望。会社の雰囲気や、一緒に働く人の表情などにも着目した。

保険業界の仕事も選択肢に入れてからというもの、数こそ多くはありませんが、1社、2社…と、少しずつ書類選考に通過できるようになりました。当社と出会ったのは、ちょうどそんな時。『エン転職』に届いていたスカウトメールが、ふと目に留まったことがきっかけでした。

当時掲載されていた求人広告を読んでエントリーを決めました。自分の経験を活かせそうな仕事内容であることと、勤務地や給与、勤務時間などの諸条件がマッチしていたので、ひとまず応募を決めました。会社からは面接方法として対面・オンライン両方の選択肢を提示いただきましたが、一次面接から“対面面接”を希望。「ぜひ実際に会って、直接お話しさせていただきたい」という気持ちを伝えました。

対面での面接で意識したのは、実際働くことになるオフィスの雰囲気や、働いている人の表情。やや感覚的な部分もあると思いますが、「楽しそうに働いているか」「挨拶や質問、相談、雑談など、コミュニケーションは活発に取られているか」という部分を意識していました。あとよく見ていたのは、「自分に合いそうな社風か」という点ですね。私は周囲の仲間と穏やかに働きたいと考えていたため、そういった点も意識していました。

当社が自分に合っていると感じたきっかけは、何と言っても面接を担当してくださった採用担当の黒川さんや部長の雰囲気です。優しく、穏やかな人柄もそうですが、入社後の給与や待遇、残業など、私の質問にも1つひとつ丁寧にじっくりと答えてくださる様子をみて、ぜひ一緒に働きたいという気持ちが強くなりました。私の疑問点を解消するために、面接とは別に面談の時間を取ってくれたことも印象に残っています。

実際にオフィスに訪問しての面接だったため、オフィスの雰囲気や、働く人々の様子を目にできたことも良かったです。面接で目にした職場は穏やかに働けそうな雰囲気でした。「ここでなら安心して働けそう」と感じ、二次面接以降も志望度の高さをアピール。無事に内定を頂くことができました。

ネットの情報だけがすべてじゃない。生の情報を自分から集めることも大切。

まだ入社して半年ですが、選考時にしっかり気になる部分を質問し、実際の会社の雰囲気を知っていたため、ほとんどギャップは感じていません。採用担当の黒川さんとも、同じ「損害保険課」で働くとは聞いていたのですが、まさかのオフィスでも隣の席(笑)。質問・相談も気軽にできるのが嬉しいです。最近は黒川さんの補佐として、採用業務に関わる機会もいただくなど、少しずつ新しいことにもチャレンジできています。

今回の転職活動を通じて改めて感じたのは、”自分の足で情報を集めにいくこと”の大切さ。ここで重要なのは、“ネット上で知れる情報”だけが全てではないということです。会社ホームページや求人広告を読み込んだり、クチコミを参考にしたりすることももちろん重要ですが、それだけに集中してしまい、自分の視野や考えが限定されることはもったいないです。

時には対面の企業説明会や転職イベントに出かけたり、あえて対面での面接や職場見学を希望したり・・・“生の情報”を知ることも大切だと思っています。きっと、企業や仕事の思わぬ魅力を発見したり、入社後のギャップを防げたりすることにも繋がるはずです。コロナ禍を通じて転職活動の当たり前も大きく変化しましたが、ぜひ従来のやり方の良い部分も織り交ぜつつ、広い視野で転職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

経験や能力以上に惹かれたのは、会社に合いそうな人柄や雰囲気でした。

採用担当
黒川
評価したポイントと採用理由 書類選考の段階では、岸本さんの保険業界での経験や、保険に関する資格、知識などに注目していました。ですが、面接で実際にお会いし、良い意味で評価がガラっと変わったことを覚えています。

印象的だったのは、穏やかな人柄と、自然と周囲を明るくするような人当たりの良さを兼ね備えているところ。面接も終始和やかに進行した一方で、入社にあたって岸本さん自身が気になる部分ははっきりと質問してくださいました。

最終的に内定をお出ししたのも、「当社の雰囲気に合いそうだと思ったから」という理由が大きいです。当社は保険商品を扱っておりますが、たとえば営業にしても、”とにかく売る”というよりは、お客さまの声にじっくり耳を傾けて提案するようなスタイル。社員もどちらかと言うと穏やかな方が多いので、岸本さんはそういった雰囲気にとても合いそうだと感じました。

これは、やはり「オンライン面接」では判断しにくい部分です。面接も画面越しになってしまうと、その人の雰囲気や性格を感じ取りにくい側面もあります。そういった意味でも、今回は対面の面接をご希望いただき、直接コミュニケーションを取ることができて良かったと思っています。

実際岸本さんは入社後も、持ち前の人当たりの良さで、部署でもすぐに馴染んでくれました。明るい性格なので、皆が相談・質問をしやすい雰囲気をつくるのにも一役買ってくれています。最近は、新人の教育や、採用活動のサポートなどの新しい業務にも率先して携わってくれていて、まだ入社半年とは思えないほどの仕事ぶりです。今後の活躍にも、大きな期待を寄せています!
企業情報
会社名株式会社ニュートン 資本金1000万円
事業内容■来店型保険ショップ『ほけんの窓口』のパートナー店舗運営 ■損害保険代理業・生命保険の募集に関する業務 ■フィットネスジムフランチャイズ『エニタイムフィットネス』の店舗運営 ■パーソナルトレーニングに関する業務 従業員数39名(2022年5月現在)
掲載中の求人情報
職種イメージ1 じっくり相談にのる営業は、ノルマもテレアポもありません。『ほけんの窓口』のライフパートナー ◎反響営業|ノルマ・テレアポなし|残業月3~4時間
給与月給20万5000円~30万5000円+賞与年2回 [年収例]400万円/26歳
勤務地広島市佐伯区、南区、東広島市にある店舗 ◎希望と通勤時間を踏まえて決定します。